■利用規約


この利用規約(以下「本規約」といいます。)は株式会社ヨリベンリ(以下「当社」と言います。)が運営するウェブサイト「DX戦隊ベンリーズ ADC」(以下「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものです。
登録ユーザーの皆様には(以下、「ユーザー」と言います。)本規約の内容をご確認・ご理解頂きご利用ください。

第Ⅰ条 適用
本規約は、当社とユーザーとの本サービスの利用に関する条件を定めることを目的とし、利用に関わる一切の関係に適用されます。
本サービスをご利用になる際は必ず本規約をお読みになり、本規約にご承諾いただいた上でご利用するものとします。
ユーザーは本サービスの利用に関し、本規約の他、当社が本サービス又はメールで案内する利用条件、ルール及びガイドライン、ヘルプ等を遵守するものとします(ユーザーに適用される規約、ガイドライン、ヘルプ等を総称して以下、「本規約等」といいます。)
なお、本規約とその他の本規約等が抵触する場合には、本規約等に特段の明示がない限り、本規約が優先するものとします。

第2条 利用登録
本サービスにおいては、ユーザーが本規約に同意の上、当社の定める方法によって利用登録を申請し、当社がこれを承認することによって、利用登録が完了するものとします。
当社は、利用登録のユーザーに以下の事由があると判断した場合、利用登録の申請を承認しないことがあり、その理由については一切の開示義務を負わないものとします。
ユーザーは、必ず本人が、当社所定の方法でユーザー向けサービスの利用を申し込むものとし、ユーザー登録の際には、必ず真実かつ正確な情報を入力するものとします。
当社は、以下の場合にユーザー向け本サービスの利用を承諾しないことがあります。承諾しなかった場合の判断の理由についてはユーザーに開示しません。また、ユーザーは判断の結果に対して異議を述べることはできません。
①ユーザーが実在しない場合
②ユーザーが届け出ている氏名、電話、メール等の連絡先に連絡が取れない場合
③ユーザー登録情報に虚偽又はこれに類する不正確な内容の記載が含まれていることが判明した場合
④過去に本規約違反等により、当社から利用停止等の処分を受けている場合
⑤当社の業務の遂行上又は技術上支障がある場合又はユーザー向けサービスの運営に妨害、支障をきたすおそれがあると当社が判断した場合
⑥反社会的勢力等であるか又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等、反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると当社が判断した場合
⑦本条第3項に基づく資料の提出がない場合
⑧その他当社が不適当と認めた場合
当社はユーザー登録において審査が必要と判断した場合、当該審査の為の必要な資料の提出を求める場合があります。ユーザーは、当社から資料の提出を求められた場合、速やかに指定された資料を提出するものとします。
ユーザーは、登録情報の変更がある場合は、直ちに変更しなければならず、常にユーザー自身の真実かつ正確な情報が登録されているよう、ユーザー登録情報を管理及び修正する責任を負います。ユーザー登録情報に変更があったにも関わらず、変更を行っていない場合、当社は、ユーザー登録情報の変更のないものとして取り扱うことができます。
変更の届出があった場合でも、変更登録前に行われた取引や各種手続は、変更前の情報に依拠する場合があります。
ユーザーがユーザー登録情報の変更をしたこと、ユーザー登録情報に虚偽、誤り若しくは記載漏れがあったこと又は当社が登録を承認しないことにより生じた損害について、当社は一切責任を負いません。

第3条(ユーザーIDおよびパスワードの管理)
ユーザーは、自己の責任において、本サービスのユーザーIDおよびパスワードを適切に管理するものとします。
ユーザーは、ユーザーIDおよびパスワード認証情報を第三者の利用に供し、又は貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。
当社は、ユーザーIDとパスワードの組み合わせが登録情報と一致してログインされた場合には、そのユーザーIDを登録しているユーザー自身による利用とみなします。
ユーザーID及びパスワードが第三者によって使用されたことによって生じた損害は、当社に故意又は重大な過失がある場合を除き、当社は一切の責任を負わないものとします。
一つのユーザー認証情報をユーザーと他者により同時に利用した接続、又は複数のユーザー認証情報を利用して同じ端末から同時に行われた接続等の機能及び品質について、当社は保証しません。
ユーザー認証情報が盗用され又は第三者に使用されていることが判明した場合、ユーザーは、直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社の指示を遵守しなければなりません。
ユーザーは、定期的にパスワードを変更し、トラブル回避に務める義務を負います。
ユーザーのユーザー認証情報の管理不十分又は第三者の使用等により、当社に損害が生じた場合、ユーザーは当該損害(合理的な弁護士費用を含みます。)を賠償するものとします。

第4条 インターネット接続環境
本サービスを利用するには、インターネット接続が必要です。ユーザーは、自己の費用と責任において、本サービスを利用するために必要となる回線・機器・ソフトウェアその他一切の手段を用意するものとし、その通信手段・機器・ソフトウェアの設置や操作についても、ユーザーの費用と責任において、適切に行うものとします。
ユーザーは、本サービスを利用する過程で、種々のネットワークを経由することがある事を理解し、接続しているネットワークや機器等によっては、それらに接続したり、それらを通過したりする為に、データや信号等の内容が変更される可能性があることを理解した上で、本サービスを利用するものとします。

第5条 本サービスの購入
ユーザーは、当社の定める手続きに従い、ユーザー登録をした上で、ユーザー向けサービスを利用して、本サービスを購入することができます。
ユーザーが本サービスを購入する際の購入条件は、本サービス毎によって異なります。
ユーザーは、本サービス毎に記載されているプラン条件を自らの責任で確認の上、ご購入ください。購入手続き完了後に完了通知をメールでお知らせします。
本サービスの使用は日本国内に限定されますので、ユーザーはご購入の際にはご留意ください。

第6条 定額サービス決済(Stripeサービス規約への同意)
当社は、収納代行業者として、ストライプジャパン株式会社(以下、「Stripe」といいます。)を指定します。
定額サービス利用料、本サービス利用料及び引出手数料の支払いは、Stripeが提供する支払処理サービスに基づき行われるものとし、当該支払処理サービスは、Stripe Connectアカウント契約(https://stripe.com/jp/legal/connect-account)(Stripe利用規約(https://stripe.com/jp/legal/ssa)を含み、総称して、以下、「Stripeサービス契約」といいます。)に従うものとします。本規約への同意又は本サービスにおいてユーザーとしての取引の継続により、ユーザーはStripeサービス契約(随時Stripeにより修正されることがあり、その場合には修正されたものを含みます。)に拘束されることに同意するものとします。
Stripeを通じた支払処理サービスを当社が本サービス内で可能にするための条件として、ユーザーは、当社に対して正確かつ完全な情報を提供することに同意し、当社が当該情報及びStripeが提供する支払処理サービスのユーザーによる使用に関連する取引情報を共有することを認めるものとします。
当社は、ユーザーのクレジットカード情報(クレジットカード番号、有効期限、セキュリティコード等)を決済代行会社に開示・提供します。
ユーザーが商品代金の決済に登録したクレジットカード情報は決済代行会社において保持されます。当社は、これらの情報を保持しません。

第7条 定額サービス契約の成立
本サービスで、ユーザーは、当社が定めた条件により、定額サービス契約を締結することの申し出をすることができます。
当社が承諾することにより、ユーザーが定額サービス条件により、定額サービス契約が成立するものとします。
ユーザーは自己の責任において本サービスを利用し、定額サービスの提供を受けるものとし、本サービス及び定額サービスにおける一切の行為及びその結果について一切の責任を負うものとします。

第8条 定額サービス利用料の支払い
当社は収納代行業者に対し、ユーザーから定額サービス利用料を代理受領する権限を付与するものとします。
ユーザーは、定額サービスの利用申込時に、当社が定めるクレジットカード又は当社が認めるその他の決済方法により、定額サービス契約の締結日の属する月の定額サービス利用料を支払うものとし、その翌月以降も、定額サービス契約の解約、又は退会などの日の属する月まで定額サービス利用料を毎月支払うものとします。
ユーザーは、前項で定める定額サービス契約の締結日の属する月の定額サービス利用料の支払いを行なった日より、定額サービスを利用できるものとします。
定額サービス契約の締結日の属する月の定額サービス利用料の金額は以下となります。
・ 1ヵ月分の定額サービス利用料の金額

ユーザーが本規約に従って必要な支払いを行わない場合若しくは遅延した場合又は収納代行業者に対し届け出たクレジットカードの利用が停止された場合、当社は、当該ユーザーに通知することなく、当該ユーザーによる本サービスの利用を停止することができるものとします。

第9条 不払い・支払遅延等
当社に対しユーザーの未払いの支払債務が存在している場合、当社は、未払いの支払債務の回収を第三者に委託することができるものとします。
当社に対しユーザーが支払期日までに支払債務を履行しなかった場合、当社は、当該ユーザーに対し、年率14.6%の遅延損害金を請求することができるものとします。

第10条 クーポン(無料トライアル)
ユーザーは、当社が定める利用条件により、クーポン{無料トライアル30日間もしくは他クーポン(不定期発行)}を取得する事ができます。
クーポンで定められた利用条件により、当社は、サービスを提供するものとし、ユーザーは、サービスの提供を受けるものとします。
ユーザーは、クーポンを利用条件に定められた用途以外に用いることができず、クーポンを、現金、転売その他、経済的利益と交換することはできません。
また、当社は、理由のいかんを問わず、一切クーポンの払い戻しをいたしません。
ユーザーは、クーポンを当社が定めた日数の期間中にのみ利用することができます。有効期限を過ぎた未使用のクーポンは消滅し、その後利用することはできません。
理由のいかんを問わず、ユーザーが退会した場合又はユーザーの会員資格が消滅した場合には、当該ユーザーが保有するクーポンは全て失効し、以後利用することはできないものとします。

第11条 ユーザーによる解約
ユーザーは、本規約及び当社が定める方法により、いつでも、翌月以降の定額サービス契約を解約することができるものとします。
ユーザーが、定額サービス契約を解約する場合、解約を希望する月のいつでも本契約が終了するものとし、ユーザーは、前項に基づき定額サービス契約を解約した場合、解約した月の月末時点で当該定額サービス契約に基づく定額サービスの提供を受ける権利を失うものとします。ユーザーは、解約を希望する月の定額サービス料として、1ヵ月分の定額サービス利用料を当社に対し支払うものとします。

第12条 禁止行為
ユーザーは、以下の行為を行ってはならないものとします。

・本サービス上に虚偽の情報を掲載する行為
・自己のアカウントを他人に利用させるなどのアカウントを不正に利用する行為
・当社、他のユーザーその他の第三者になりすます行為
・当社、他のユーザーその他の第三者の信用を毀損するおそれがある行為、誤解を招く行為、差別的行為又は不正行為
・自動化手段を用いてデータにアクセスする行為又はデータを取得する行為
・アクセス許可のないデータにアクセスを試みる行為
・当社の業務に支障を与える行為
・ウイルスの送付、不正アクセス等により、当社システム及び本サービスの提供に障害等を引き起こす行為
・本サービスを利用したアフィリエイト誘導、目的に合致しない行為
・法令、公序良俗、本規約若しくは本サービスの趣旨に反する行為又はそのおそれがある行為
・その他当社が不適切であると判断する行為

第13条 損害賠償責任
当社は、本サービスに関連してユーザーが被った損害について、一切賠償の責任を負いません。
当社は当社の責めに帰すべき事由によりユーザーに損害を与えた場合、ユーザーに対し、当該損害(当社の行為を直接の原因としてユーザーが被った損害に限る。)を賠償するものとします。ただし、当社は本サービスのプログラム上の瑕疵を原因として発生した障害によりユーザーが被った損害について、当社はユーザーが支払うべき料金の月額費用を上限とし責任を負うものとします。

第14条 不可抗力
地震、台風、津波その他の天変地異、戦争、暴動、内乱、テロ行為、疫病、法令・規則の制定・改廃、公権力による命令・処分その他の政府による行為、争議行為、輸送機関・通信回線等の事故、その他不可抗力による利用契約の全部又は一部(金銭債務を除く)の履行遅滞又は履行不能については、当社は何ら責任を負わないものとします。
本規約の目的を達成することが困難であると認めるに足りる合理的な理由がある場合には、当社は、本規約の全部を解除できるものとします。

第15条 本サービスの停止・変更・終了等
当社は、以下のいずれかに該当する場合には、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの利用の全部又は一部を停止又は中断することができるものとします。

(1) 本サービスに係るコンピューターシステムの点検又は保守作業を定期的又は緊急に行う場合
(2) コンピューター、通信回線等が事故により停止した場合
(3) 火災、停電、天災地変等の不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合
(4) システムサーバーをAmazon Web Services(AWS)に依存しており、外部システムの利用ができなくなった場合
(5) その他、当社が停止又は中断を必要と判断した場合
当社は、ユーザーに事前に通知することなく、当社の都合により、本サービスの内容の変更及び提供の終了をすることができます。
当社は、本条の措置によりユーザーに生じる損害について、一切の責任を負わないものとします。

第16条 免責
当社はユーザーの本サービスの利用または利用不能により生じる一切の損害につき、当社に故意または重過失が無い限り当社は一切その他の責任を負わないものとします。
当社は、本サービスの情報につき、エラー、バグ、不具合又はセキュリティ上の欠陥が存在しない事、第三者の権利を侵害しない事、永続する事、瑕疵が存在しない事、正確である事、ユーザーが期待する性質及びユーザーに適用のある法令又は内部規則等に適合することについて、ユーザーに損害が生じたとしても、理由の如何を問わず、一切の責任を負いません。
本サービスを通じて記録されたユーザーのデータ保存はユーザーの責任で行うものとします。データの毀損、消失等について、当社はいかなる保証も行わず、ユーザーに損害が発生した場合であっても、一切の責任を負わないものとします。
外部システムAmazon Web Servicesの利用ができなくなった場合、APIの障害によるトラブル、ユーザーの操作ミスによるトラブル、その他、予期せぬシステム障害等により生じたデータの毀損、消失等による不利益の回避のため、ユーザーは自ら、適宜、データをサーバーからユーザーの保有する機器に保存するよう努めるにしてください。
天変地異その他やむを得ない事由により、当社が本サービスを提供することができなくなった場合は、当社はその責任を負いません。

第17条 事業譲渡
当社が、本サービスにかかる事業を他社に譲渡し、又は合併若しくは会社分割等により本サービスに係る事業を承継させたときは、当社は、当該譲渡等に伴い、本規約上の地位、権利及び義務並びにユーザー登録情報その他、ユーザーの情報を当該譲渡等の譲受人等に承継させることができます。ユーザーは、かかる譲渡等について、予め同意します。
当社は本サービスにかかる事業を第三者に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴いサービス利用契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びにユーザーの登録事項その他、ユーザー情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、ユーザーは、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。
なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

第18条 再委託、地位の移転
当社は、必要に応じて、ユーザーの事前の同意を得ずに、「りんかく」に関する業務の一部又は全部を、第三者に再委託することができます。
ユーザーは、当社の書面による事前の承諾なく、本利用契約にかかる地位、本規約に基づく権利若しくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定その他の処分をすることができません。

第19条 分離可能性
本規約のいずれかの条項又はその一部が、法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。。
本規約の一部が、一部のユーザーとの関係で無効と判断され、又は取り消された場合であっても、その他、ユーザーとの間の有効性には影響しないものとします。

第20条 準拠法及び管轄裁判所
本規約の準拠法は日本法とし、本規約に起因し又は関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第21条 協議解決
当社及びユーザーは、本規約に定めのない事項又は本規約の解釈に疑義が生じた場合には、互いに信義誠実の原則に従って協議の上速やかに解決を図るものとします。

当社Webサイトへのリンクは、自由に設置していただいて構いません。ただし、Webサイトの内容等によってはリンクの設置をお断りすることがあります。

制定日:2023年10月10日